大人ニキビについて

大人ニキビとは、思春期以降になっても顔や体にできてしまうニキビのことです。大人ニキビのできる原因は思春期にできるものと少し異なり、またできてしまってからも慢性的に出続けてしまうという特徴があります。連続してニキビができることでニキビ跡が残りやすく、それが肌に凹凸をつくり肌環境を悪化させてしまうもとになってしまうのです。
大人ニキビができる原因とは、体の中に蓄積された負担が肌の代謝に影響してしまうためです。体内への負担は肌のターンオーバー(古い皮膚が剥がれ、下から新しい皮膚ができるという周期)が正しく行われるのを妨げます。大人ニキビにつながる体の負担は、人それぞれで異なります。大人ニキビは、毎日の食生活や睡眠不足、ストレスなどによるホルモンバランスの崩れが引き起こします。出来続ける大人ニキビを止めるには、体の中からの根本的な治療が最も重要です。
大人ニキビを本気で直そうとするのであれば、まずその原因となっている体の負担が何なのかをしっかり見極めるようにしましょう。食生活の場合、動物性皮脂や塩分が過剰な食事をしていたりすると、体から出る皮脂の分泌量が増えます。睡眠不足やストレスは、思い当たることがないか考えてみてください。
体の中からきれいになってゆくことで、次第に肌環境が改善してゆくので、生活習慣を改めるだけで肌がきれいになったという人もいます。まずは生活習慣を見直し、それでもまだニキビがあるようなら専用の化粧品などを使ってみましょう。

http://www.nikibi-navi.info/