スキンケアに有効な成分

スキンケアをするとき、必要なのは保湿成分を含んだクリームです。特に荒れやすい手へのスキンケアでは、どのような成分を含んだクリームを使うかどうかで、手のうるおいキープ力に大きな差が出てきてしまいます。まずはかさついた肌に適切な保湿成分にはどのような種類があるかをしっかりと理解しておき、使用するクリームを選ぶときに役立てましょう。
ハンドクリームにはいろいろな素質成分が入っています。成分表示を見ると、ポピュラーなものとして「尿素」「グリセリン」「ワセリン」といったものが目立ちます。これらは医薬品として皮膚科の医師もすすめているものです。これらはそのまま肌に塗布してもよいのですが、これらを含有しているクリームを使ってもよいでしょう。
「尿素」は、天然保湿成分(NMF)の構成成分の一つです。水の分子と結合をしやすく、高い保湿成分があることがわかっています。余分な角質を取り除いてくれる作用もあり、塗布することで肌をツルツルにしてくれます。手作り化粧品を作ったことのある人なら、一度は使用したことがあるでしょう。
グリセリンは、無色透明の無臭で粘り気のある液体です。アルコールの仲間ですが肌につけても刺激がなく、スキンケアに使うと滑らかな肌にしてくれることがわかっています。ワセリンは石油から抽出された炭化水素類の混合物を精製したものです。クリーム状になっておりそのままハンドクリームとして利用することができます。
http://www.goldlift-navi.info/